スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾留学サポート

台湾の社員旅行

2006年12月18日 11:25

台湾では社員旅行に家族同伴は当たり前。恋人、友人同伴もOK。

パパの会社では日帰り観光が多くて、社員である本人とその同伴者1人までは参加費無料(会社の扶助)で、それ以降1人毎に参加費が発生。参加申し込みの際に参加者1人につき500元の保証金を払うルールになってます。
この保証金は後で返してくれるんだけど。

と言うワケで、土曜日に宜蘭へ行って来ました。
雨の宜蘭…激寒かったケド…(-_-|||

午前中は國立藝術中心へ。
規模はあまり大きくないんだけど、台湾の伝統的な住居とか台湾の人形劇の道具なんかが展示されてた。
無料の音声ガイド、中・英・日を貸し出してて、これもなかなかヨカタです。

その後移動して、阿扁総統がこの店のシェフを招いて国賓をもてなしたと言う宜蘭渡小月國宴餐廳で昼食。

それからまたまた移動。廣興農場鴨母寮 豬母窟へ。
ここは元々豚と鴨を飼育していた農場で、今は観光客向けに喫茶やDIY活動ができるように改造したんだって。
三匹のコブタに出てくるようなわらぶきの宿泊施設もあった。
本当は自転車の貸し出しもしていたみたいだけど、あいにくの天気だったので無し。

本来なら朝パパの会社に集合して手配した観光バスに乗って行くんだけど、ウチはチビ達がいるし、直接目的地に向かった方が近いから自家用車で。
会社では、この日実に5台の観光バスを用意したそう。(◎o◎)スゴイネ
例えばウチは従業員1人につき3人の同伴者で参加してるわけで、この調子でそれぞれ同伴者を連れてくるから、簡単な日帰り旅行でも大所帯になっちゃうのだ。
まぁ…恋人がいない若者とか、配偶者がいない上司とかの場合もあるんだけど…
そーゆーのはあまり考慮されない…(o^m^o)

チビ綺のコトを1日スリングでだっこだったからちょっと疲れたけど、お昼時にちょっとグズッただけで、あとはお利口にしててくれたから助かったわ。
こーゆー天気が悪くて肌寒い日は、すっぽり包めて両手も空くスリングが一番便利…

チビ輔は帰りの車に乗るなりダウン。もちろんあたしもすぐ寝ちゃった。
パパは運転手、お疲れさんでした~(o^m^o)

・・・・・・・・・・・・
腳踏車/ㄐ一ㄠˇ ㄊㄚˋ ㄔㄜ/じゃお たぁ ちゃー

自転車。
単車とも自行車とも言うけど、台湾では脚踏車の呼称が一般的。
スポンサーサイト
[PR] 台湾留学サポート

宜蘭家族旅行

2008年03月03日 23:31

2月28日から3月1日まで宜蘭へ2泊三日の家族旅行へ行って来ました。
なんだかあっと言う間に3日が過ぎてしまった感じ…台北から近いせいかしらん…
とりあえず日程を整理して、おいおい旅行記の方へリンクしていきます。
從二月二十八號到三月一號,我們全家到宜蘭去旅遊。
感覺是一轉眼三天就過去的...或許離台北不怎麼遠的關係...
首先整理一下此趟行程,再將旅遊談一則一則連接好了。


【 日 程 】
2月28日
 台北出発 → 坪林の茶葉博物館 → 宜蘭東門観光夜市 → 礁溪の汽車旅館

2月29日
 国立伝統芸術センター → 仁山植物園 → 礁溪の汽車旅館

3月1日
 五峰旗の滝 → 員山公園 → 台北へ



持って行けば良かったものリスト。(備忘録)
ハンガー >家族が増えて部屋付属のハンガーだけでは全然足りん!
吸水タオル >部屋付属のハンドタオルが微妙に短くて、頭を包めなかったのよね。
洗濯物袋 >カバンに入れ忘れた。メッシュ素材のだと便利よね…
有名美食店の住所 >名前と住所があればナビで調べられる。

帶過去應該會更方便的東西之名單。(備註)
衣架 >家人變多,旅館提供的幾支根本不夠用!
吸水毛巾 >旅館提供的毛巾不夠長,無法包住我的頭髮。
洗衣服袋 >忘了帶。網狀袋子應該好用吧...
名產店之地址 >只要有了名稱和地址可以讓GPS查出來。



【今回の配合(アロマ備忘録)】【這次的配方(精油備註)】
ホホバオイル50ml : ラベンダー5滴、ティートゥリー5滴
荷荷巴油50ml : 衣草5滴,茶樹5滴 [PR] 台湾留学サポート

宜蘭家族旅行 - 2/28_1

2008年03月07日 10:18

昼過ぎに台北を出発。
行きは山道を通って、途中の 坪林茶葉博物館 を観光。
夫はここまで仲間達と自転車で来たことがあるらしく、いつか来ようとずっと思っていたんだとか。
そんなにたいした施設ではなかったけれど…(^_^;)
詳細はこちらで確認していただくとして…
過了中午才離開台北。
去程我們選擇開山路,在坪林下車觀光 坪林茶葉博物館
老公騎單車來過這附近,想參觀也不想把昂貴腳踏車丟著不顧,決定改天一定再來。
裡面其實沒什麼特別的呢...(^_^;)
詳細情報請按這裡


博物館を一巡りして、購買部でお茶アイス(40元也)をいただいて、その隣の石像公園&展望台へ。
逛了博物館後買個茶冰淇淋(四十元整)來吃,再來走去旁邊的雕刻公園和展望台。
climb01.jpg tenboudai01.jpg

台北←→宜蘭の高速道路が見える。
從展望台看得到台北←→宜蘭高速公路。
tenboudai02.jpg

狭くて滑りそうだったから各人一匹ずつ担いで下山。
相当カロリーを消費したので、とっとと乗車して夜市を目指す。
通到展望台的路很窄又怕滑倒,各人扛一隻下山。
在此程中消化了相當的卡路里,趕快上車前往夜市。


ところで、雪山隧道が開通後初めて通ったけど、なんだか寂れたわ〜…
土産物屋は軒並み値上げしてるし…
時代の流れかね…
順便一提,雪山隧道通了以後我們第一次經過這條國道,每家看起來沒什麼生意,每個小吃也都漲價。
就是時代喔...


…続く後續 [PR] 台湾留学サポート

宜蘭家族旅行 - 2/28_2

2008年03月07日 13:02

宜蘭には昔々、夫と知り合うもっと昔に何度か1人で来たことがあるんだけど、なんだか全然変わってなくってちょっと感動。
宜蘭駅前の東門観光夜市で 一串心、魯味、臭豆腐、大腸麺線、葱油餅、スターフルーツジュース なんぞを平らげた後はこの日のお宿探し。
泊まるならやっぱり温泉があるところ! ということで、礁溪方面へ。
いわゆる モーテル がたくさんあって、台湾では本来の目的で泊れるし、事前予約なしでも大丈夫なので、我が家でもよく利用しています。
我在很久很久以前,跟老公認識的還要以前一個人來過好幾次,幾乎沒什麼變化令人感動了點。
我們走到宜蘭火車站旁邊 東門觀光夜市,一串心啊,魯味啊,臭豆腐啊,大腸麵線啊,蔥油餅啊,楊桃汁啊,被吸引了什麼就點什麼吃。
每個人吃得飽飽了,下一站就是我們這天的住宿。既然來宜蘭還是要泡個溫泉!我們開往礁溪方面去。
觀光地區通常都有汽車旅館,也是以原本的意義提供服務,又不需要特別預約,我們家也常常利用這種住宿。


この日は 多侖多温泉汽車旅館 に決定。
布団一式を無料で貸してくれた。
そこには夫に寝てもらおうと思ってたんだけど、テン も一緒に横になってた。
最近なぜかパパっ子ぎみな テン 三歳半…(o^m^o)
這天決定投宿 多侖多温泉汽車旅館
他們免費幫我們準備一套床褥。
原本想要讓老公睡那裡,後來哥哥也陪他一起睡。
最近不知何故有事沒事都黏爸爸的兒子,三歲半...(o^m^o)


…続く後續 [PR] 台湾留学サポート

宜蘭家族旅行 - 2/29_1

2008年03月08日 13:40

午前中は 国立伝統芸術センター へ。
伝統工芸や芸術作品を展示している会場がいくつかあるので、まずはそこを冷やかして…
上午我們到 國立傳統藝術中心 去了。
先逛逛展示傳統工藝、藝術作品的幾個會場...

gongzai01.jpg

インフォメーションでベビーカーを借りました。貸し出しは無料。
1人1個じゃないとケンカになるお年頃 なので自動的に2台レンタル。(^_^;)
1台につき証明書が1つ必要、ということだったので、あたしの居留証と免許証を預けます。
再來到服務中心租娃娃車。免費出租。
為了 非一人一個不可的年齡 之兩隻怪獸,我租了兩台一樣的娃娃車。(^_^;)
租一台要一張身分證,我就留下了我的居留證和駕照。


メインストリート。レトロチックな町並み。
昔ながらの商品を売っていたり、伝統芸術の実演をしていたりします。
大街。滿有復古的味道。
不是在賣古早美食,就是現演現賣傳統藝術。

street01.jpg
茶山房 というお店で天然石鹸を売っていたので買ってみました。
看到一家叫做 茶山房 賣天然肥,我買了幾塊看看。

そーこーしてるうちにパレードが…!
我們東張西望中,遊行小隊正要走近大街來了!
hezhao01.jpg
ちんどん屋チックな芸人の方々が台湾ではまだまだ健在。
台灣還有很多場所看得到像如日本 “化妝廣告人” 那種藝人。

記念撮影用のパネルがあったので…
看到個紀念拍照板...
kaodashi01.jpg
もちろん挑戦。
當然試了一下。
kaodashi02.jpg

あちこち探索していたら食堂を発見。
宿泊施設も併設されてて主に宿泊客用にサービスしているみたいだったけど、外来の客も食べていいってコトだったんで、この日はここで手軽に昼食。
自助餐っぽい感じで、メインの鶏と魚は二者択一、副菜は三種類まで。これにご飯とスープ、飲料がついて1人分60元也。
「ご飯とスープはお代り自由だから、大人二人分だけ払って、家族4人で分ければいいわよ!」なんて言ってもらったので、お言葉に甘えてたくさんお代りさせていただきました…(^_^;)
這次我們到處探索便發現了一家餐廳。
此中心也有住宿設備,這家也看起來是為住客服務,打聽得知外來客人也可以點餐來吃,我們就決定在此吃簡單的午餐。
半自助餐方式要自己端盤子,主菜是雞肉或魚排,副菜可挑三種。此外還付了白飯,湯和飲料。一人份60元整。
結帳小姐說 “你們小孩還這麼小,我給你們算兩個大人。飯跟湯是吃到飽的,要多少可以拿多少。”,我們就不客氣照樣吃,幸虧吃飽又省了不少錢了...(^_^;)


うちは夫婦二人ともわりと美術関係を見て回るのが好きなのよね。
チビ等が暴走しちゃうからあんまりゆっくりできないんだけどさ…
ここは芝生の広場とかロータリーとか子供達が走り回れる空間もたくさんあるから、天気の良い日に丸1日滞在するのもよさそう。
我本來就喜歡美術方面的,還好我老公也不排斥這些。
不過兩個小怪獸還沒有辦法乖乖陪我們觀賞說。
這中心還有草地、廣場等大的地方,可以給小孩隨便跑,挑個天氣好的一天來這裡過整整一天應該也不錯。


いつでもどこでも 石、My Loveテン
隨時隨地 石頭,我的最愛! 的哥哥。
stonewithTEN.jpg
猿年生まれなのもあって「ほぼ猿」だなぁ、と思っていたのだけれど、上には上がいるもので…(^_^;)
ということで彼の属性は「石ころ王子」にケテイです。(o^m^o)
因為他是屬猴的,我都認為他的屬性是 “半人半喉”,可是有的比他還害。(^_^;)
所以現在更改他的屬性為 “石頭王子” 了!(o^m^o)


…続く後續 [PR] 台湾留学サポート

宜蘭家族旅行 - 2/29_2

2008年03月12日 00:46

お次は 仁山植物園
本当は清水地熱あたりへ行ってみたかったんだけど、水遊びができると言う話だから、天気が悪いのに連れてって「遊んじゃダメ!」っていうのもアレだし…と思って今回はパス。
我們下一站就是 仁山植物園
原本想要去清水地熱,不過聽說那裡可以玩水,在這種陰陰的天氣帶小孩去玩,也不是得不斷地叮嚀說 “不要玩水!” 呢?因此我們決定下次再拜訪。


仁山植物園は山側の更に上の方へ登って行かなくちゃならなくて、決して緩やかではない坂を テン の手を引いてえっちらおっちらと。
テン も途中から飽きて来たみたいだけど、飴ちゃんで釣ってやっと頂上へ。
仁山植物園在山邊,爬上去才會到。我牽著哥哥的手爬上並不是不陡的坡。
爬了差不多哥哥快要走不動了,我把糖果拿來鼓勵鼓勵,總算爬到頂上了。


頂上は…なんかコレといった花園があるわけでもなく…
山の上はまだまだ冬の気候だからかしらね…?
展望台の方へ行ってみたり、庭園の設えてあるのを見て回ったりして、陽が完全に暮れる前に下山しようということで、別のルートで下り始めたのだけれど、 テン の体力も尽きてしまったみたいで「 テン 、お腹痛い…」と座り込んじゃった。
いいよ、いいよ、いっぱい歩いてくれたよ。とママがおんぶ。
台湾は自然が近くていいんだけれど、子供が小さいうちは親の運動量が多くなりがちなのが、ね…
山道でもベビーカーで行くツワモノもいるけれど…(^_^;)
到了頂上了...也沒有什麼花園之類的。
是不是山頂的氣候還如冬天般的緣故呢...?
我們走到展望台,日式、中國式的庭園,想要太暗而不好走路之前下山,開始下另一條路,走沒多久哥哥終於走不動了,說著 “我肚子痛” 蹲下來了。
沒關係。你已經走了很久的路了。我背了他繼續走下去。
擁有美麗的自然是台灣的好處之一,不過對於小孩小的父母親而言,運動量偶而會超過預測...
其實也有些爸媽不管好不好推都推娃娃車去說...(^_^;)


名物の卜肉 を食べるために三星へ寄り道。
目当ての味珍香はすでに閉店していたので、近所の福美餐廳でテイクアウト。一人前200元なり。
乾燥肉のフリッターと小さく切った野菜のかき揚げ って感じ。
200元はちょっと高い感じがするけどなかなか美味しかった。
チビ二人は完全に寝てたから、大人二人車内でのんびり食べ始めたんだけど、美味しそうな匂いで二人とも起きちゃった。
奪い合うようにしてあっという間に完食。
為了吃 “卜肉” 特別繞往三星的路。
本來想吃味珍香的,才六點多那家已經打烊了,我們只好去另外一家叫 福美餐廳 去,買一份帶走。200元整。
感覺一份200元有點貴,味道倒是比我想像中還好吃。
兩個小孩在車上睡得很熟,我們兩個大人慢慢享受此美味,沒吃多少不知是不是聞到香味他們都醒過來了。
結果我們各搶各的,一下子就吃完了。


礁溪に戻って夕食に。
某ブログで紹介されてた 老如意 へ。
ちょっと前に食べたばかりだというのにここでもしっかりお代りして頂きました。(^_^;)
そしてこの日は 泉湯温泉商務旅館 に。
ミニスチームサウナがあったり、ダブルベッドが一般的なのより広めだったり、なかなかポイントが高い旅館でした。
回到礁溪吃晚餐。
因為我看到有個部落格介紹一家餐廳叫 老如意 ,看起來還不就決定今晚吃這裡。
剛才吃過東西而已竟然還有空間填,也加了幾碗飯的呢...(^_^;)
然後這天的住宿是 泉湯溫泉商務旅館
室內附屬迷你三溫暖,雙人床也比一般的大一點,這些有了加分效果。


…続く後續 [PR] 台湾留学サポート

宜蘭家族旅行 - 3/1_1

2008年03月12日 11:00

さて最終日、まずは五峰旗の滝へ。
最後一天。首先到五峰旗瀑布去。
sannotaki.jpg
またしても山歩きパターンです…(^_^;)
又是爬山行程...(^_^;)

上の写真が三の滝で下のがニの滝。
上一張是 “第三瀑布” ,下一張是 “第二瀑布”。
ninotai.jpg

一の滝。
第一瀑布。
ichinotaki.jpg
勢いが良すぎて滝の始まりの辺りはすっかりえぐれています。
水是太強,瀑布較上面的土砂都被沖走。

霧雨のように降り注ぐ雨を全身に受けながら、「植物ってすごいな。滝の真横にまで生えて来て…こんなに条件が悪いのに、自分に必要な栄養素をちゃんと確保してるんだな…っていうか、あそこに生えてる草や苔にとって、他にもっと住み心地が良い場所があるなんて全然考えが及ばないことなんだろうな…比べてうらやましがったり得意になったりするのは人間だけなんだな…」などとつらつらと考えてみたり…
我全身淋到飄得宛如毛毛雨般的水,心裡想著 “植物很了不起。連瀑布旁邊都長得出來...生存條件顯然不好,仍確保自己需要的營養素...恩,應該這麼說的,對長在那邊的草和青苔來講,也許會有更好生存的地方這個想法根本就是思考之外的事...何況人類這麼愛比較,羨慕別人或為自己得意...”

1本だけあった桜の樹。台湾の桜は紅が強い。
爬山的路上有一根櫻花樹。台灣的櫻花比較紅。
sakura.jpg

今日はちょっと軽めにここまで。(^_^;) 次がラストです。
今天稍微輕鬆一點吧。下一則為最後一個。



【今回の配合(アロマ備忘録)】【這次的配方(精油備註)】
ホホバオイル50ml:ラベンダー5滴、カモミール5滴
荷荷巴油50ml : 衣草5滴,洋甘菊5滴

【今回の美肌水原液】【這次的美肌水原液】
グリセリン5cc、尿素50g、ラベンダー20滴、水道水200ml
甘油5cc,尿素50g,衣草20滴,自來水200ml
※美肌水はこれを5倍〜10倍に薄めて使います。※美肌水使用時以水稀釋5∼10倍。 [PR] 台湾留学サポート

宜蘭家族旅行 - 3/1_2

2008年03月14日 11:49

午後は員山公園へ。
ここの忠烈祠は日本統治時代に建てられた 元神社 で、狛犬と鳥居が現存する数少ない場所。
下午我們到 員山公園 去。
這個忠烈祠原本就是日治時代所建立的 神社,此地的石獅子和牌坊沒有被移開且現存至今。


この階段を見ただけですでに疲れた気分になっているあたしと夫…(^_^;)
遠處看到這些樓梯,我跟我老公已經知道後果如何...(^_^;)
sandou01.jpg

登って振り返ってみたら、なんと見事な表参道が…!!
好不容易爬到底,回頭來看眼前展現這麼可看的參拜道路...!!
sandou02.jpg

別のもっと緩やかなルートもあるから、下りはそちらを。
途中まで歩いたところで真横に延びる別のルートを発見したから、あたしと チー はそのルートを、夫と テン はそのまま下山するルートを。
道は悪いし雨も降り始めて来たし、チー をだっこしたまま歩いてたからちょっと後悔したけど(^_^;)、小さな可愛い花がたくさん咲いてる場所があったりして結構楽しめた。
「お花がたくさんだね。綺麗だね」と話し掛けながら歩いてたら、おもむろに向き直った チー に鼻をブニュッと押された…(o^m^o)
「(o^m^o)そーだよね〜。これもおハナだよね〜」
いや〜もう可愛いなぁ…!!(←親バカ)
還有一條比較不陡的路,我們選那一條走下去走到一半又發現另外一條通到山的後面去的。我跟妹妹挑這一條,老公和哥哥走原本的路下去了。
我們這條路沒有好好地維修有個地方快要塌下來,又開始下毛毛雨,我抱著妹妹已經吃了不少力的,後悔不及繼續走下去。
大概走了三分之二的地方,有了很多小花花開在路邊,心情高興起來邊對妹妹講 “好多花唷∼,好漂亮喔∼”,妹妹慢慢地正對我的臉抬起手指來壓扁我的鼻子了。
是,是,沒錯。日文的 “花” 和 “鼻子” 是同音的。
啊∼妹妹...你真可愛唷∼∼...!!(←笨媽)


水遊び用プールがあったり、ミニ野外ステージがあったり、夏はさぞかし賑やかなんだと思われ…
神社跡以外には特にコレと言った観光スポットがあるワケでもないんだけどね。
休憩所に着々とバーベキューセットを運び入れているオジサンもいたり、きっと地元の生活の一部になってるんだなぁ…
此公園還有兒童游泳池、露天小劇場等,夏天週末應該非常的熱鬧。
其實除了忠烈祠以外,與其他公園沒兩樣。
有了一個阿伯把東西搬到涼亭來正要準備烤肉,這個地方接受附近鄰居的歡迎說...


そして帰途へ…
運転手の夫以外はみな夢の中へ…(o^m^o)
然後我們啟程回家...
老公運將丟在一旁,我們三個安詳地入眠去了...(o^m^o)


ところで、この旅行中、あたしのPHSは完全圏外でした…(-_-|||
花蓮はどころどころOKだったんだけどな…
でもこないだPHSを新調した時に、夫が「古い機種はオレが使う」と言って同時に手続きしたんで、今我が家では2台のPHSでトランシーバ機能を活用中。
使えるのは100mの範囲内だけだけど、通話料を気にせずにかけられるのは便利よね。
順便提一下,此程旅遊中我的PHS都顯示圈外...(-_-|||
記得花蓮還收得到訊號呢...
可是上次我換新的PHS時,老公說 “舊機我要回收” 順便辦新號碼,所以現在我家有兩台PHS可以設定社群功能。
只能離100m而已,可是不怕通話費要打就打,真方便。
[PR] 台湾留学サポート

太平山國家森林遊樂區~その1

2009年06月04日 20:39

端午節のお休みに、太平山國家森林遊樂區へ。
端午節假日我們去太平山國家森林遊樂區了。

ここがまた広いんだわ。
料金所からツーリストセンターまで、車で10分程度かかったんじゃないかな。
センターから次の目的地まで30分くらいかかるし。
這個遊樂區實在太大~
從售票區開車約10分鐘才到遊客中心,從中心到下一個景點也得開30分鐘的車ㄟ!


この日の目的地は太平山と鳩之澤温泉。
太平山和鳩之澤溫泉就是這次旅程的目的地。
wenshiguan01.jpgwenshiguan02.jpg
檜伐採所だったとのことで、日本邸宅が残されています。
(デジカメ故障中なので夫の携帯画像で。見づらくて申し訳ない)
原本是林場,還有日本屋子可以參觀。
(我的數位照相機正好故障中。這些照片是我老公的手機拍的)


troco090529.jpg
トロッコに乗ると、滝の方へ。
搭乘蹦蹦車可到達三疊瀑布。

guojiabudao090529.jpgroad090529.jpg
この登山ルートがかなり放置ぎみで...
足場の悪い山道を テン と手をつないで昇ること約120分...
這個 “鐵杉林自然步道“ 感覺不怎麼保養,我牽哥哥的手小心地爬又陡又滑的山路,走了大約120分鐘的路之後...

1300m090529.jpg
やっと終点に昇って来れた。
頂上の見晴し台についたのだけれど、も~すばらしいのひと言。
携帯写真じゃ収まりきれない絶景だったので、次回はデジカメでリベンジだ!
終於爬到終點了。
從山頂觀景台的景色超贊,實在值得。
手機照相機根本拍不到什麼,還得爬一次用我照相機拍的呢!


その2 へつづく。
後續 その2


中国語ブログランキング
中國語部落格人氣排明榜

[PR] 台湾留学サポート

太平山國家森林遊樂區~その2

2009年06月15日 14:50

その1 のつづき。

鳩之澤温泉。
デジカメ壊れてるので...
ネットの画像のみで申し訳ないんだが...
鳩之澤溫泉。
因為我的數位相機壞掉了,現在只能介紹線上圖案。



我々は、営業終了間際にやっとこさ着いたので、個室の方を利用したんだけど、調べてみると、水着着用屋外Spaと男湯/女湯もあるらしい。
次回は屋外spaに入ってみたいなぁ~...
我們快要結束營業時才報到,為了方便選擇個人池。
我後來發現還有spa和大眾池的樣子,下次想泡Spa看看...


営業終了まで40分程度しかなくて、洗ってる時間がもったいなかったから、ず~っと湯船につかってました。
噂に違わずお肌つるつるに!
チー のアトピーにも効いてるといいんだけど!
離結束營業才40分鐘,沒時間洗頭洗澡,一直泡在水裡。
正如寫在簡介上的,越泡我的皮膚越滋潤!
也希望對妹妹的異位性皮膚炎有效!



温泉卵ゆでどころ
もあります。
夫によると、夜で人目がないのをいいことに、素っ裸になって、かけ湯で身体を流してたおっさんが居たらしいけど...(o^m^o)
有地方可以煮溫泉蛋
我老公看到有個歐吉桑用這個溫泉水偷偷洗澡,他說...那位阿伯是脫光光的...(o^m^o)
因為已經太晚了,沒人管的啦...(o^m^o)


空を見上げたら、それはそれは見事な星空!
山の上だから、空が近い!空気も澄んでるし。
無意中抬頭看天空,就看到滿天都是小星星~!
不知道是不是山上的關係,感覺我們離星星滿近的,空氣也非常好。


次回はお泊まり付きでまた来ようと計画中...
途中、野宿仕様の家族連れをちらほら見かけたので、我が家もそっちの方向で検討中なのだが、如何に節約しながら旅行を楽しむか というのは嫌いじゃない。
若い頃からそんなことばっかりしてたし。
そろそろ贅を凝らした旅行もしたいものだけどね...(^_^;)
從那一刻我就開始想下次來這裡怎麼過夜,
遊樂區內看到不少家族準備露營,我跟老公也在往這個方向考慮中,我們兩個也不排斥 如何玩得開心又可以節省荷包
我年輕的時後也是這麼去旅行的,
不過我們也不是排斥豪華套裝旅行的說...(^_^;)



中国語ブログランキング
中國語部落格人氣排明榜
[PR] 台湾留学サポート


最近記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。